複合機・コピー機のリースでおすすめな会社厳選サイト » 複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ » コピー機(複合機)の勘定科目について

コピー機(複合機)の勘定科目について

コピー機・複合機は購入とリースで勘定科目が違う

購入またはリースでコピー機・複合機を導入している企業の経理に向け、コピー機・複合機の勘定科目(※1)について解説しています。購入金額やリースの契約期間によって仕訳方法が異なるため、参考にしてみてください。

※1:勘定科目とは…会社の資産や負債、収益や費用の動きを誰でも仕訳できるように設けられた分類

コピー機を購入したときの勘定科目と仕訳方

コピー機を購入した場合、購入価格によって勘定科目が変わってきます。

金額 勘定科目 概要 処理
10万円未満 消耗品費
(販管費および一般管理費勘定)
少額の消耗品・固定資産に含まれない備品の購入費を記録する科目 経費として一括計上
10万円以上 工具器具備品
(有形固定資産勘定)
耐用年数が1年以上の工具・器具・備品を保有していることを記録する科目 資産として減価償却しながら5年かけて計上

インクジェット式のプリンターは10万円未満の商品が多いため、消耗品費として処理できるケースがほとんどです。レーザー式のコピー機、FAX機能やスキャナ機能が搭載された複合機などは10万円以上の商品が多いため、一般的に工具器具備品に仕訳されます。

コピー機をリースした時の勘定科目と仕訳

コピー機をリースした場合、リースの取引形態によって勘定科目が変わってきます。

リースの取引形態

  • ファイナンスリース…お金を借りて資産を購入し、使いながら返済する取引。リース期間中に資産が故障した場合、直す責任が発生します。
    • 所有権移転ファイナンスリース…リース期間満了後、リースしていた資産をもらえる取引。
    • 所有権移転外ファイナンスリース…リース期間満了後、リース会社に資産を返却する取引。
  • オペレーティングリース…契約期間に応じたリース料を支払い、契約満了後に資産を返却する取引。リース契約期間中に資産が故障しても直す責任は発生しません。

コピー機のリース契約のほとんどは、契約終了後の所有権をリース会社に返却する「所有権移転外ファイナンスリース取引」に該当します。

所有権移転外ファイナンスリースの勘定科目

コピー機をリースした場合、勘定科目は「リース料」になります。

勘定科目 概要 処理
リース料
(販管費および一般管理費勘定)
リース契約に基づく費用(資産計上しないもの)を記録する科目 取得時、支払い時、決済時にわけて計上

所有権移転外ファイナンスリースの勘定科目シミュレーション

現金で購入した場合の値段が500万円のコピー機を5年リース(60か月)で契約。利息2万円で月払いした際の勘定科目は以下になります。

コピー機取得時
リース資産 500万円
リース債務 500万円
リース料支払い時の仕訳
リース債務 10万円
支払い利息 2万円
現金 12万円
決済時の仕訳
減価償却費 120万円
リース資産 120万円

中小企業はリース契約の条件をチェック

中小企業の場合、以下の条件に当てはまるリース契約は消耗品費として会計処理できるケースがあります。

  • リース契約期間が1年以内
  • 1件あたりのリース総額が300万円以下
複合機・コピー機リースで
おすすめの会社3選
システム販売株式会社
システム販売株式会社のHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

事務機器ねっと
事務機器ねっとのHPキャプチャ
おすすめPOINT
取り扱いメーカーは全7社。複合機とコピー機の取り扱いで24年の実績あり。リースと販売の選択も最適な提案をしてくれます。

公式サイトはこちら

【免責事項】
オフィスで使用するコピー機・複合機のリースについて、役立つ情報を個人的にまとめたサイトです。当サイトに掲載している情報は、2016年2月現在のデータなので、問い合わせの際には、各リース業者の公式サイトで、必ず最新情報をご確認ください。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社3選
システム販売株式会社
システム販売株式会社のHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

事務機器ねっと
事務機器ねっとのHPキャプチャ
おすすめPOINT
取り扱いメーカーは全7社。複合機とコピー機の取り扱いで24年の実績あり。リースと販売の選択も最適な提案をしてくれます。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者

サイトマップ

ページの先頭へ