複合機・コピー機リースの専門サイト比較 HOME » 複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条

複合機・コピー機のリース会社を選ぶ際に、重要なポイントを紹介します。

複合機・コピー機のリース会社選びのポイント

コピー機

ここでは、次の視点から、頼れるリース会社の選び方を紹介していきます。

  • リース料金
  • コンサルティング
  • メンテナンス

まず、複合機・コピー機のリース会社を選ぶ際、まず気になるのが「リース料金」ではないでしょうか。

どのリース会社も基本的に、機種ごとのリース料金は、実際に問い合わせてみないとわからないようになっています。初めて複合機・コピー機をリースされる方は、複数の会社に見積もりをとってから決めるとよいでしょう。

その際に注意しなければならないのが、リース料金だけでなく、保守料金も確認すること。

契約したら何年と使い続けることになるでしょうから、メンテナンスなどランニングコストも含めて、トータル料金で比較しなければ、高くなってしまうこともあるのです。実際に、「高いので乗り換えたい」と悩んでいる方も多くいます。

そんな方には、「コンサルティング」をしてくれる会社がオススメ。高くなっている原因を突き止め、トータルコストをどれだけ抑えられるか試算してくれたり、利用者の悩みや使用状況などから最適かつコストも抑えられる商品を選んでくれたりして、コストの最適化をサポートしてくれます。

もう一点、忘れてはいけないのが「メンテナンス」。複合機・コピー機にトラブルが生じた際も、すぐに対応してくれることはもちろんですが、ネットワークの構築やセキュリティなどのサポートもしてくれるところであれば、より安心です。

詳細は、下記の個別ページをご覧ください。

安さだけで選ぶのは×

まず本体価格とリース料金、保守料金について詳しくご説明します。本体料金とは複合機やコピー機本体の価格のことを指します。リース料金はこの本体料金を分割した金額に諸経費を加算した金額になります。

保守料金はいわゆるランニングコストのことで、「カウンター料金」「スポット料金」があります。両方の契約方式の違いを加味してリース会社を選ばなければ安いように見えても結果的に損してしまうことになりますので、違いを理解しておきましょう。

リース料金が本当に安いかどうかは、本体価格と保守価格の両方を考慮した上で判断する必要があります。他にも、トータル費用の比べ方のコツなどをここでお教えします。保守料金が高くなるパターン、安いけれどもリースした後に後悔してしまうパターンなど、料金で選ぶと失敗しがちなパターンがわかります。

特に安いコピー機には注意する必要があり、年式が古いなどの何か理由があると考えたほうがよいでしょう。安くなる理由を知っておき、その上で選ぶかどうかの判断材料としてください。

安さだけで選ぶのは×

コンサルティングをしてくれるか

リース商品を紹介だけではなく、リースのコンサルティングまで対応している会社かどうかの見極め方が分かります。その見極めのポイントは4つあります。

まず、自社の運用方法に合ったコピー機を選んでくれるかどうかが焦点となります。高くて性能の良いものをただ勧めるのではなく、コストがかかっている原因や、業務量に合わせたリース料金をコンサルティングしてくれる、そんなリース会社を選びましょう。

コンサルティング営業を行っているリース会社であれば、わからないことは事細かく教えてくれます。コピー機の最新のセキュリティについての情報など、顧客の知りたい情報をつぶさに教えてくれる会社の方が、後々起こるさまざまな対応も柔軟に対応してくれるでしょう。

コンサルティングを行っている会社では、顧客の業務効率化のためのコピー機導入を提案してくれます。単なる性能の説明ではなく、どういった業務どのような機能適しているのかを踏まえてコピー機を選んでくれます。会社の業務内容を把握している会社であれば、アフターフォローも安心です。

さらにリース契約だけにとどまらず、オフィスのレイアウト変更、省エネの仕方などのコンサルティングも可能な会社まであります。こうした会社では、コピー機リースとともに他のサービスを利用すると割引が受けられるというメリットもあります。

せっかくこのようなコンサルティングサービスを行っているのに利用しない手はありません。具体的にどのようなコンサルティングを行っているのか見ていきましょう。

コンサルティングをしてくれるか

定期的なメンテナンスがあるか

高度な機能を搭載している複合機などは特に、メンテナンスがリース会社を選ぶカギとなります。複合機やコピー機の使い方を教えてくれたり、故障時にすぐ駆けつけてくれるかどうかも重要なポイントです。

長く安定した品質を保つためにも、定期メンテナンスは欠かせませんが、その種類は2つに分かれており、それぞれメリットデメリットがあります。

まず、メーカーがメンテナンスの対応をするパターンでは、技術力の高さや部品交換など作業の素早さがよい点ですが、契約会社ではないので対応できないサービスも存在します。

次にリース会社がメンテナンスの対応をするパターンですが、トラブルが起きた際にすぐに駆け付けてくれるというメリットがある一方、メーカーの技術者よりは知識や技術が劣り、部品を取り寄せともなると修理に時間がかかりがちです。

デメリットのカバーの仕方は、リース会社の選び方にかかっています。よく読んだ上で選べば、複合機・コピー機が使えず業務に支障が出るといったようなことがなくなります。どちらのメンテナンス方法を選ぶかの参考にしてみてください。

定期的なメンテナンスがあるか

【免責事項】
オフィスで使用するコピー機・複合機のリースについて、役立つ情報を個人的にまとめたサイトです。当サイトに掲載している情報は、2016年2月現在のデータなので、問い合わせの際には、各リース業者の公式サイトで、必ず最新情報をご確認ください。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社3選
システム販売株式会社
システム販売株式会社のHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

事務機器ねっと
事務機器ねっとのHPキャプチャ
おすすめPOINT
取り扱いメーカーは全7社。複合機とコピー機の取り扱いで24年の実績あり。リースと販売の選択も最適な提案をしてくれます。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者

サイトマップ

ページの先頭へ