複合機・コピー機リースの専門サイト比較 HOME » 複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条 » 安さだけで選ぶのは×

安さだけで選ぶのは×

複合機・コピー機のリース会社を選ぶポイントのひとつ「料金」について、注意しなければならないポイントを解説しています。

複合機・コピー機リース料金の体系を知ろう

複合機・コピー機のリース料金は、大きく2つの料金があります。1つは、機器の「本体価格」。もう1つが、メンテナンスにかかる「保守料金」です。

料金を見て選ぶ際は、この2つを合算して考える必要があります。

本体価格とリース料金について

複合機・コピー機の本体価格は、主に印刷速度と機能で決まります。もちろんリース料金も、この本体価格に左右されます。

一般的に、リース料金は本体価格を5年~7年で分割して、これに金利などの諸経費を加えて決まります

また、最新機器のほうが高くなりますし、年式が古いものは安くなるのが一般的です。

保守料金について

メンテナンスやトナーなどのサプライ品(消耗品)にかかる料金。いわゆるランニングコストです。

明細書には「カウンター料金」または、「スポット料金」などと書かれています。このうち「カウンター料金」は、一定期間に何枚印刷するかによって変わる契約方式

「スポット料金」はサプライ品やパーツ交換、メンテナンスなどを必要に応じて行う契約方式のことをいいます。

安いコピー機はメンテナンス料金が高くなることも!

複合機・コピー機を料金で選ぶ場合、必ず本体価格と保守価格を合算して、月々いくらかかるかを把握したうえで選びましょう。

よく、料金の安さをウリにしている会社では、本体価格を反映した「リース料金」のみを提示しているところがあります。

こうした会社からリースする場合は、必ず保守料金もしっかりチェックすることが重要。後々、メンテナンス時に「あれも必要」「これも必要」と追加費用がかかり、トータルでみると他社より高くなってしまうというケースもあります。

特に、年式の古い機器ほど性能が衰えたり、故障の頻度も多くなったりするため、保守料金は高くなる傾向にあります。

もちろん、そのような会社でも、保守料金の安いところもありますが、リース料金の安さだけで選ぶと、上記のような「こんなはずではなかった」というトラブルに巻き込まれることもありますので、要注意です。

【免責事項】
オフィスで使用するコピー機・複合機のリースについて、役立つ情報を個人的にまとめたサイトです。当サイトに掲載している情報は、2016年2月現在のデータなので、問い合わせの際には、各リース業者の公式サイトで、必ず最新情報をご確認ください。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社3選
システム販売株式会社
システム販売株式会社のHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

事務機器ねっと
事務機器ねっとのHPキャプチャ
おすすめPOINT
取り扱いメーカーは全7社。複合機とコピー機の取り扱いで24年の実績あり。リースと販売の選択も最適な提案をしてくれます。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者

サイトマップ

ページの先頭へ