複合機・コピー機リースの専門サイト比較 HOME » 複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧 » 事務機器ねっと

事務機器ねっと

株式会社 庚伸が運営する「事務機器ねっと」で複合機・コピー機をリースするメリットをまとめています。

24年の実績をもとに最適な複合機・コピー機のリースを提案

事務機器ねっとのHPキャプチャ
画像引用元:事務機器ねっと公式HP
http://jimukiki.net/

事務機器ネットを運営する株式会社 庚伸は、複合機やコピー機の取り扱いで24年の実績を持つ会社。

長年の経験と実績をもとに、導入からアフターサポートまでを一貫して手がけており、安心してリースを相談できる会社といえます。

複合機やコピー機の取り扱いメーカーは、富士ゼロックスやキヤノンなど全7メーカーをカバー

これまで培ってきた経験やノウハウをもとに、機械の使い方、支払方法、どんなメーカーのどの機種が最適か、リースと販売のどちらがおすすめかなど、オフィスの事情に合わせて最適な提案をしてくれます

また、庚伸はオフィスのトータルプロデュース事業も手がけていて、事務所の新設や、電話・ネットワーク環境などの諸工事、セキュリティ、メンテナンスなど、オフィスについて全般的な相談も可能です。

導入後のアフターサービスも充実しています。各メーカーのメンテナンスのほか、東京都内の一部地域では自社メンテナンスサービスも実施。区域担当制で、トラブル対応やメンテナンスには迅速に対応してくれるのもいいところです。

導入後のカウンター料金(トナー代やメンテナンス料金など)には定額制の削減プラン(月額1,400円~ ※東京23区限定)もあり、導入後のランニングコストやメンテナンス費用を押さえられるのもメリットといえるでしょう。

カウンター料金のプランは、月額2,000円でモノクロ印刷4,000枚まで無料で印刷できる「SPプラン」、月額1,400円でモノクロ印刷2,000枚まで無料で印刷できる「SPプラン・ライト」、SPプランに加え、オフィス内のすべてのPCの保守が受けられる「PCプラン・プラス」(月額3,500円)があります。

事務機器ねっとの複合機・コピー機リースデータ

運営会社 株式会社 庚伸
リース料金 モノクロ:要問合せ
カラー:月額6,300円~
※6年リースの場合
取扱いメーカー キヤノン、富士ゼロックス、シャープ、エプソン、沖データ、京セラ、ムラテック

人気機種の特徴を紹介

  • フルモデルチェンジした富士ゼロックスDocuCentre-V C2263

富士ゼロックスDocuCentre-V C2263は、DocuCentre-Ⅳ C2263をモデルチェンジさせた機種です。メモリは2GBから4GBへ。書き込み解像度は2倍の1,200dpi×2,400dpiにアップ。PS拡張はありませんが、スキャン速度は枚分55枚です。

MacOSXに標準対応しており、オプションで無線LANコンバーターをプラスすれば、Wi-Fiから印刷の指示を出すことも可能です。スリープ時は1.5W。消費電力はこれまでの6分の1。起動しているときの音も静かで、カラー・モノクロ共に毎分20枚の印刷速度になっています。

  • ネットワーク対応や省エネならシャープMX-2650FN

シャープMX-2650FNは、無線LANを使えばノートPC・タブレット・スマホからの印刷もできます。コピー・FAX・スキャナ・両面印刷・無線LANが標準装備。さらにMX-2650シリーズなら、親機へ出した指示で子機から印刷物を取り出すことも可能。会議室が離れていても手間がありません。

片面のスキャンは毎分80枚。カラー・モノクロ印刷は共に毎分26枚。消費電力はこれまでの30%カットで、残量が少なくなればトナーが自動的に補充されます。追跡情報印字や地紋印刷にも対応。複合機に蓄積されたデータは暗号化され、使用後は自動消去されるため、セキュリティ面での心配はありません。

  • DTP専用モデル富士ゼロックスDocuColor1450GA

富士ゼロックスDocuColor1450GAは、DocuColor1257GAの後継機です。カラー毎分14.3枚、モノクロ毎分51枚の印刷速度になっています。A3ノビの印刷にも対応。オプションでFAX機能も追加可能です。

画質は2,400×2,400dpi。4サイクル方式を採用しているため、色ズレや色ムラなどを抑えた発色を実現してくれます。歪みがあればデジタル補正することができるため、表裏のズレた両面印刷にはなりません。サーバー・キャリブレーション管理のできるソフトが装備されているので、バックアップ機能も万全です。

事務機器ねっとの複合機・コピー機のリース事例を紹介

リースのイメージ

事務機器ねっとは、各メーカー総販売台数5,000台以上の実績があります。

複合機やプリンターだけではなく、オフィスのさまざまな相談に対応しているため頼りになるでしょう。

1.東京都港区の「帳票ベンダ企業」へ後継機種を設置

海外展開を予定している企業に対して、旧型機種からの変更を受けました。

2008年3月に販売終了した機種から、富士ゼロックスの後継機種に変えています。オプションとして、中綴じフィニッシャーと大型カラー操作パネルを装備。フィニッシャーは、社内資料や帳票のテスト印刷するときに使われています。

大型パネルをプラスしたことで操作がしやすく、カラーは毎分40枚、モノクロは毎分55枚印刷をすることができるため、事務作業に時間を割かれることはありません。旧型から後継機種にバージョンアップすることで効率も良くなり、順調に起動します。

2.東京都千代田区の「システム開発企業」に導入

HP運営や作成、技術者の派遣を行っている企業に対して、用途に合った複合機を提案しました。

展示会で使う販促物を印刷するため、シャープのカラー複合機を導入しています。イベント対応で忙しくて印刷会社を手配できないときでも、簡単に印刷物を用意できるので便利です。調子が悪くなることもなく、メンテナンス対応にも満足して頂いています。

通常は外注できていたとしても、業務の多さから打ち合わせができない場合もあります。そうかと言って販促ツールを印刷しないわけにはいきません。そこを自社で対応できるようになれば、コストカットにもつながります。

3.東京都中央区の「商業印刷企業」へ納品

商業や美術印刷を手がけている企業に対して、印刷品質の違う製品を提案しました。

名刺やハガキなどを印刷するキャノンカードプリンター。納品用にカラー出力するシャープ複合機。オンデマンド印刷をするための複合機。現在、3機種を使い分けています。

これまで外部の工場で印刷をしても維持費が高く、小ロットの依頼は採算が合わないこともありました。新しい複合機やプリンターを取り入れることで、小ロットの依頼も対応可能になり、出力先ごとにサンプルを提出、お客さんの好みに合わせた仕上がりを追求されています。

必要なときに必要な分だけ用意できるオンデマンド印刷を提案したことで、DMチラシ印刷・宛名印字・発送までのサービスをまとめて提供できるようになりました。

4.東京都杉並区の「グラフィックデザイナー」へリース

専門性の高いデザイン業の方に、コストのことも含めて検討してもらいました。

クリエイティブな仕事に必要とされるのは、画質や色彩などを含めたバランスです。高速で印刷できれば良いというわけではないので、以前から気に入っている富士ゼロックスの複合機リースを選んで頂けました。

使い慣れていること。画質とスピード面に納得して頂けたことが、同じメーカーの複合機を導入するきっかけになったそうです。何よりデザインの世界に求められる芸術性や表現力は、出来上がったときの作品に影響します。

ただ、それが複合機の印刷技術によって壊されるようなことがあってはなりません。そこでプロの視点からクオリティやコストを検討、お問い合わせ頂いた翌日に対応しました。

事務機器ねっとの複合機・コピー機の口コミを紹介

事務機器ねっとの口コミについては、現在見当たりません。

【免責事項】
オフィスで使用するコピー機・複合機のリースについて、役立つ情報を個人的にまとめたサイトです。当サイトに掲載している情報は、2016年2月現在のデータなので、問い合わせの際には、各リース業者の公式サイトで、必ず最新情報をご確認ください。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社3選
システム販売株式会社
システム販売株式会社のHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

事務機器ねっと
事務機器ねっとのHPキャプチャ
おすすめPOINT
取り扱いメーカーは全7社。複合機とコピー機の取り扱いで24年の実績あり。リースと販売の選択も最適な提案をしてくれます。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者

サイトマップ

ページの先頭へ