複合機・コピー機リースの専門サイト比較 HOME » 主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド » ヒューレットパッカード

ヒューレットパッカード

ヒューレットパッカード公式HP
画像引用元:ヒューレットパッカード公式HP
http://www8.hp.com/jp/ja/home.html

世界シェアNo.1を誇る、ヒューレットパッカード製コピー機・複合機のレンタルリースを取り扱っている業者の情報です。

おすすめの機種や製品情報もまとめています。

ヒューレットパッカードの複合機・コピー機をリースしているリース会社として、システムサポート札幌と大塚商会があります。

ヒューレットパッカードおすすめ機種例

  • HP OfficeJet 250 Mobile AiO

オフィス規模が5名以下で、限られたスペースを有効活用したい場合は、HP OfficeJetシリーズがおすすめです。

プリント機能の他に、スキャンとコピー機能、そして無線LANがついているHP OfficeJet 250 Mobile AiOなら、少量ながら必要な印刷をすべて引き受けることができるでしょう。

※1ランニングコストはA4カラーで一枚約11円、解像度は4800 × 1200 dpiが最高です。

家庭用プリンタと同じ様なサイズでありながら、ビジネス用としての性能を備えた機種です。この型番を取り扱っているかは業者へ確認してください。

※1ランニングコスト…機材運用のための維持費や運転資金など。

  • HP PageWide Enterprise Color Flow MFP 785zs

5から15人程度の規模のオフィスなら、高速印刷と万全のセキュリティ異能を備えたHP A3 PageWide Enterpriseシリーズがおすすめです。

月あたり最大25,000枚ほどの印刷を想定している場合、1分間に最大75枚の印刷を可能にする幅広インクヘッドが搭載されています。

その為、ほとんどのレーザープリンターを上回るスピードでプリントできるにも関わらず、ランニングコストはレーザープリンターの約半分というので驚きです。

そして、独自セキュリティ機能がBIOS、ファームウェア、デバイスのすべてを保護しますので、社内ネットワークに組み込む際も安心です。この型番を取り扱っているかは業者へ確認してください。

  • HP LaserJet Enterprise Color M553dn

30年以上の実績を誇り、世界で最も利用されている印刷機器であるHP LaserJet シリーズが、さらなるパフォーマンスを発揮する複合機に進化しました。

それが「HP LaserJet Enterprise Color M553dn」ですが、スリープ状態から印刷スタートまで最速で9秒、A4カラー印刷が1分あたり38枚という高性能を備えていながら、従来比で51%の省エネを実現しています。

多くのカラー印刷を必要とするオフィス、そして25人前後の規模であれば、この機種がおすすめです。

月間推奨印刷枚数は2,000~6,000枚で、自動両面印刷機能も標準で付いていますので、大量の印刷もストレスなく行なえる、頼もしい複合機です。この型番を取り扱っているかは業者へ確認してください。

費用相場は機能性によって異なる

新品価格

ヒューレットパッカードのコピー機や複合機は、新品だと単機能の87,000円から、高機能の980,000円のものまで、料金に幅があります。

高性能なものは長期間の使用にも耐えられ、高いパフォーマンスを発揮します。そして5年ごとに新しい機種に変更できることや、メーカー保証と同等かそれ以上のサポートを受けられるなど、リース契約にも利点があります。

加えて初期費用も抑え、サポートもしっかりしているリース契約のほうが、トータルでコストを抑えられる場合が多いでしょう。

中古価格

ヒューレットパッカードの中古複合機・コピー機は、39,000円から出回っているようです。

とりあえずのコピー機としてはいいかもしれませんが、中古品で手厚い保障がついていることはあまりありませんので、長期的に利用したい場合はリース契約を考える事をおすすめします。

リース契約であれば、物は中古品であったとしても、リース業者のメンテナンスが定期的に行なわれることが多いため、安心です。自前でメンテナンスや部品交換を行なおうとすると、結果的に割高になってしまうことがあります。

リース料金

インクジェット式のコピー機であれば、月々7,400円というプランを提示する業者もあります。もちろん大型の複合機や高性能コピー機であれば、相場は高くなりますので各業者に問い合わせてみる事をおすすめします。

しかしヒューレットパッカードはあまり高い料金設定はされていないようです。その為メーカーにこだわりがなければ、ヒューレットパッカードを利用してみるのもコスト削減に役立つことでしょう。

もちろん、オフィスの業務内容に合った機種、最適なサポートを受けられるリース会社をよく考えて選ぶべきです。

人気の理由は利便性にある

シェアNo.1の理由は低価格での提供

複合機のイメージ

日本では国内メーカーがシェアを占めるコピー機・複合機業界ですが、世界的に見ればヒューレットパッカード製がシェアNo.1を誇っています。

シェア数世界一の地力を活かし、高品質な家庭用プリンタを低価格で提供していることでも評判ですが、複合機やコピー機も比較的安価で販売されています。

丈夫で耐久性に優れている

またヒューレットパッカードが世界一のプリンタメーカーである根拠は、その耐久性の高さです。過酷な製品テストをクリアしたものだけが出荷され、故障しにくいということで信頼を勝ち得ているのです。

トナーの交換など、メンテナンスも簡単にできる設計になっているため、可能なかぎりユーザー自身がトナー交換するシステムとすることで、カウンター料金も抑えています。

繊細な画像にも対応

元々インクジェット式のプリンタでは、他と比べてインクドロップ量を大きめにしないことによって、目詰まりしにくく壊れにくいことを特長としていました。

そのため粗粒感のある印刷となり、繊細な画像のプリントには向いていないとされていましたが、最近ではドロップ量が小さくきれいな印刷ができる機種も登場してきました。

日本人ユーザーは画像印刷の鮮明さを求める傾向があり、日本ではシェアが伸びていませんでしたが、その弱点も改善されつつあるといえます。

種類の多さや内蔵機能も人気の一つ

ヒューレットパッカード製のコピー機や複合機は、ラインナップの多さも特徴です。

また、内蔵されている専用のWebサーバを利用することにより、トナー切れや紙詰まりなどのトラブルが発生した場合、ネットワーク経由で遠隔監視しているシステム担当者が対応することも可能です。

会社内、オフィス内で複数の印刷機器を利用している場合、すべてをヒューレットパッカード製に切り替えるなら、操作パネルを統一したり、サポートにかかる時間を短縮したりと、管理コストの軽減にも繋がります。

【免責事項】
オフィスで使用するコピー機・複合機のリースについて、役立つ情報を個人的にまとめたサイトです。当サイトに掲載している情報は、2016年2月現在のデータなので、問い合わせの際には、各リース業者の公式サイトで、必ず最新情報をご確認ください。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社3選
システム販売株式会社
システム販売株式会社のHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

事務機器ねっと
事務機器ねっとのHPキャプチャ
おすすめPOINT
取り扱いメーカーは全7社。複合機とコピー機の取り扱いで24年の実績あり。リースと販売の選択も最適な提案をしてくれます。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者

サイトマップ

ページの先頭へ