複合機・コピー機リースの専門サイト比較 HOME » 主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド » 富士ゼロックス

富士ゼロックス

複合機・コピー機のリース専門サイトの中から、富士ゼロックス製品の導入でおすすめなサイトを厳選!

富士ゼロックスの複合機・コピー機リースでおすすめなサイト

富士ゼロックスの複合機・コピー機をリースしているリース会社には、事務機器ねっととコピホーダイがあります。

事務機器ねっとの取り扱い機種例

  • DocuCentre-IV C2263

カラー・モノクロ分速20枚、待機時消費電力1.5W。

多機能で知られるDocumentcentre-IVシリーズは、複合機としての標準的な機能であるコピー・スキャナ・FAXの搭載はもちろん、読み取り機能も充実。様々な種類の画像データをコピーできるのも特長です。

また、クラウドサービスとの連携により、外出先のタブレット端末から印刷指示を出すことができ、保存された文書も閲覧可能。
ICカードを使った認証機能も付加されており、セキュリティの高さには定評があります。

  • DocuCentre-V C2276

数ある富士ゼロックス製複合機の中でも、最も人気とされるDocuCentre-V C2275の後継機。
カラー・モノクロ分速25枚、月に2,000~3,000枚印刷するところにおすすめ。

前機種では、オプション機能だった無線LANへのアクセス機能が標準装備となり、LANの位置を気にせず、プリンターの設置が可能です。

プリントサーバーがオプション装備可能で、大容量データの印刷もスムーズ。ユーザーの顔認知システムを搭載し、外部への情報漏洩を防止するシステムもあり。
Docuworksという文章活用ソフトウェアをダウンロードすれば、データファイルや文書ファイルの一元管理も可能になります。

トナー容量は少ないので、そこには注意が必要です。

  • ApeosPort-IV C3375

カラー・モノクロ分速35枚。モバイルやクラウドと連携して、システムやサーバーにアクセスが可能。PCを使わなくてもサーバーへ情報をアップすることもできる。

コピー・スキャナ・プリンタ・ファックスを標準搭載。ユニバーサル機種で、オプションにより音声案内を付けることもできます。
富士ゼロックス製DocuworksをPCにダウンロードすることで、データファイル、ドキュメントファイル、画像ファイルなどを一元管理することが可能。管理・保存の効率化につながります。

【サポート】
メーカーメンテナンスのほか、自社メンテナンスサービスもあり。オフィスのトータルプロデュースを手掛けているので、複合機・コピー機の故障やトラブルはもちろん、PCやIT利用環境の設営からセキュリティ、メンテナンスまで、一括したサポートも可能

コピホーダイの取り扱い機種例

  • DocuCentre-V C2276 PFS

富士ゼロックス複合機の中でも人気の機種だったDocuCentre-V C2276 PFSの後継機種。

カラー・モノクロ分速25枚。月間印刷枚数が3,500枚までのところが対象。デザイン会社への導入例が多い。

読み取りには「高輝度白色LED」が採用されており、高速でもムラのない読み取りを実現。高画質画像を出力することが可能です。
新開発の「IHフューザー」により、余熱不要で立ち上がりは3秒。オフィスの作業効率向上に一役買う機種として、根強い人気を誇ります。

  • DocuCentre-V C3376 PFS

DocuCentre-V C3375 PFSの後継機であり、前述のDocuCentre-V C2276 PFSの上位互換機。

カラー・モノクロ分速35枚。月間印刷枚数が7,000枚以上のところにおすすめ。
コピー・スキャナ・FAXだけでなく、画像の読み取り種類が豊富。TIFF・JPEG・PDFなどのデータコピーが可能です。

人間の存在を検知する人感センサー機能の搭載により、立ち上がり時間を短縮。スリープモードの状態からコピーやスキャンが開始されるまでの「体感待ち時間」がほぼゼロになっているので、ノーストレスで使用することが出来ます。

同じ富士ゼロックス製の人気機種にApeosPortシリーズがありますが、比較した場合の最大の特長としては、ユーザーの顔認識システムといった、高いセキュリティ機能が挙げられます。機密文書の取り扱いに際し、信頼のおける機種と言えるでしょう。

【サポート】
自社メンテナンスエリア内であれば、トナー代込み、残存リース受付可能。オフィスのトータルプロデュースも可能。

富士ゼロックスのコピー機・複合機の費用相場は?

販売価格

富士ゼロックスの複合機をオフィス使用で考えて通常価格で購入する場合、モノクロ印刷に特化した複合機なら500,000~8,000,000円。カラー印刷ができる複合機なら620,000~4,700,000円です。カラーとモノクロ、どちらも価格に幅がありますね。導入を考えるならカラーの方が良いと言えそうです。

しかし、会社の予算で一気に購入するとなれば初期費用が掛かるうえに、保険や事務処理などの手続きが大変です。コスト面を考えると、通常価格での購入は控えた方が良いと言えます。

中古価格

富士ゼロックスの中古品の価格は120,000~300,000円です。価格だけを見れば手頃ですが、中古品は部品が消耗していたり、故障時に部品が生産終了していて修理できなかったりすることがあります。急に動かなくなった際、原因を探すのに手間取って業務が止まってしまう事も。良い道具は仕事をはかどらせます。価格が安いから選ぶのではなく、コピー機能やFAX機能、スキャン機能などに問題がないことを確認して、性能が良く維持費のかからない複合機を選びましょう。

リース料金

リースは一般的に見て5~6年の契約が多いです。月々12,000~20,000円から借りられるのでお手頃と言えます。コスト面でも初期費用がかからず維持費も安いので経費削減にも貢献。オフィスで使用するならリースが良いと言えます。ただし、リース契約を結ぶと、途中で解約ができません。リースをする際は、信頼のおける会社を選びましょう。

富士ゼロックスのコピー機・複合機の特長は?

富士ゼロックスは、ビジネスの現場で最も使いやすい機種です。使いやすさはもちろん、印刷物に関する品質の高さにも定評があります。使用開始時にはPCで複雑な初期設定を行う必要がなく、操作パネルから簡単に設定可能。スキャンした画像をPCのフォルダに保存したいという場合、通常であればPC側でさまざまな設定を行わなくてはならないのですが、富士ゼロックスの複合機ではそういった必要はありません。読み取り後の形式変換や保管の操作も非常に分かりやすくなっています。

富士ゼロックスの複合機は、メンテナンス性が良くて耐久性にも優れており、機能面でもシンプルに操作ができる優れもの。

カラー印刷へのこだわりが強く、2003年に発売された富士ゼロックスの「DocuColor 1256 GA」は世界初の2,400dpiを誇る画像解析度です。「文字が潰れて見えづらい」「元の色と印刷した色が違う」など、印刷物の悩みを解消した複合機と言えます。

省エネとセキュリティにも力を入れている富士ゼロックス。省エネでは、電気を多く消費してしまう定着機部分を独自開発して、少ない電力でも質とスピードを落とさず印刷することが可能。ビジネス面での効率化と地球温暖化にストップをかけるエコ面をクリアしました。セキュリティでは、情報漏えいを防止するためにITセキュリティ認証の取得を行っており、情報セキュリティに関する機能を充実させています。複合機に備わっているセキュリティ機能には、「禁複写」や「マル秘」などのスタンプを印刷して書類の重要度を伝えるアノテーション機能が搭載。第三者の目に触れないように機密書類などを印刷したい場合は、複合機本体へ一時的にデータを保管し、パスワード入力後に印刷を開始するセキュリティープリントなどを備えています。

印刷物の品質の良さからセキュリティ面での安全性まで、さまざまな条件を満たしている富士ゼロックスの複合機。どんな人でも使いやすく、ビジネスの場に適していると言えるでしょう。

相性の良いPC

富士ゼロックスのトナー粒子は世界最小といわれています。トナー粒子を極限にまで小さくすることによって、高い解像度を実現しているのです。

解像度が高くなることで、見た目の滑らかさが高くなっており、見やすさが増しています。ちなみに富士ゼロックスはMacとの相性が良いので、特殊な使い方をしていないのであればMacのパソコンも揃えておきましょう。

アフターフォローも充実

高い複合機はリースで利用を考える人も少なくありません。リース契約後は様々な手厚いサポートがついてきます。

リース契約をする企業にもよりますが、サポートがしっかりしている場所だと、地区ごとに専属で担当してくれるスタッフが付くのです。複合機をリース契約した後は、トナーの残量が少なくなった場合に補充してくれることもあります。

一度リース契約を結べば、複合機を長期にわたってサポートしてもらえます。万が一、不具合が発生した際も迅速に対応してもらえるので、業務に支障をきたす恐れもありません。

【免責事項】
オフィスで使用するコピー機・複合機のリースについて、役立つ情報を個人的にまとめたサイトです。当サイトに掲載している情報は、2016年2月現在のデータなので、問い合わせの際には、各リース業者の公式サイトで、必ず最新情報をご確認ください。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社3選
システム販売株式会社
システム販売株式会社のHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

事務機器ねっと
事務機器ねっとのHPキャプチャ
おすすめPOINT
取り扱いメーカーは全7社。複合機とコピー機の取り扱いで24年の実績あり。リースと販売の選択も最適な提案をしてくれます。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者

サイトマップ

ページの先頭へ