複合機・コピー機リースの専門サイト比較 HOME » 主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド » 沖データ

沖データ

オフィス向けに特化した沖データ。その複合機・コピー機をリースしている会社・事務機器ねっとにフォーカスを当て、取り扱い機種やサポート体制などをまとめてみました。

沖データの複合機・コピー機リースでおすすめなサイト

沖データの複合機・コピー機をリースしているリース会社には、事務機器ねっとがあります。

事務機器ねっとの取り扱い機種例

  • C610dn

カラー毎分34枚、モノクロ毎分36枚のカラープリンター。

WindowsVistaやMacOSXなど、どのOSにもオプション追加なしで対応可能。

両面印刷、長尺印刷にも対応。専用紙に専用ペンで文字を書くとそのままデジタルデータ化できるアノト認証プリンターです。

「エコ」「タフ」「エコノミー」の3点を重視した製品。エコとは、待機時の消費電力を17ワットから0.9ワットへの削減に成功したこと、タフとは印刷の速さと耐久性、エコノミーとは5年間の無償保証のこと。
高性能でありながら小型で、小さなオフィスでもすっきり配置できる機種です。

  • MC860

カラー毎分26枚、モノクロ毎分34枚。コピー・FAX・スキャン機能を標準搭載したA3サイズまで対応の複合機。

中綴じ印刷、長尺印刷、両面印刷にも対応。月に2~4,000枚の印刷があるところにおすすめ。

操作盤には大型タッチパネルを利用。分かりやすい案内が表示されるため、機器類に慣れていない人でも使いやすい設計です。
セキュリティ対策も万全。「暗号化認証印刷機能」によって、印刷データの漏洩を防ぐほか、ハードディスク内に残ったデータの削除機能も。
5年間の無償保証にも対応しています。

  • B410dn

毎分28枚のモノクロプリンター。両面印刷標準対応。デスク上にも設置できるコンパクト設計ながら、こまめな出力から大量の書類印刷にも対応可能。月に2,000枚以上印刷するところに。

ファーストプリントが5.5秒という速さ。ネットワークには標準で対応しています。
最大給紙枚数はオプションで781枚。1枚当たりのランニングコストは3.2円と低費用。
また、沖データの特徴の一つでもある5年間の無償保証もついています。

  • VINCI C911dn

カラー・モノクロ毎分50枚。色再現と耐久性にすぐれ、コストパフォーマンスの高い、DTPユーザー向けのLEDレーザープリンター。厚紙や透明フィルムなど、多様な媒体に印刷することができます。

オプションで増設トレイを付けた場合の最大給紙枚数は3,210枚。標準でも890枚と十分な給紙が可能です。
また、オプションで暗号化認証印刷を付けることにより、情報漏洩やデータの盗難を防ぎます。沖データの特徴でもある「5年間無償保証」付きです。

  • VINCI C941dn

カラー・モノクロ毎分50枚。CMYKの4色に特色ホワイトまたは特色クリアーを追加し、従来の4色だけでは表せなかった多彩なデザインにも対応。解像度1200dpi×1200dpi。DTPユーザー向け。

なお、DTPプロフェッショナル向けの3機種のうちでも最高峰に位置づけられるのがこのC941dnです。最大で360g/m2の印刷に対応。また、光沢紙や透明フィルムといった特殊な媒体にもプリント可能で、POP作成など幅広い用途に対応しています。

【サポート】
複合機・コピー機のリースやトラブルへの対応のほか、ネットワークの構築やセキュリティ、PC・IT関連のトラブルなど、OA機器全般のサポートに対応可能

業務の停滞や損失を回避し、トラブルの際にはスピード解決を図ります。

京セラのコピー機・複合機のリース費用相場は?

購入価格

沖データのコピー機・複合機を購入する場合の平均相場は85,800~1,510,000円ほどです。シンプルな造りで、長期的に使用できるように設計。高画質の印字や印刷の速度など高性能なので使いやすいですよ。2008年から発売しているコアフィードシリーズは、業界初の5年間無償でメンテナンスを受けられるサービスが受けられるので、かなりオトク。高いクオリティーの製品だと認めているイギリスで設立した「bsi」のISO9001:2008を取得して、高い品質を維持しています。

ただ、次々と最新機種が登場する可能性があるので、長く使用することを考えるとリースがオトクですよ。

中古価格

中古での製品価格相場は59,000~89,000円。新品を購入するよりも費用をだいぶ抑えることができるので、初期費用を抑えたい人におすすめです。ただ、コピー機・複合機としては問題なく動きますが、最新の機種と比べるとスペックが劣っていたり日焼けしていたりなどの悪い状態の機器が多くあります。不具合が急に起きてしまい、修理費用がかかる可能も。業務にも支障をきたしてしまう場合もあるので、価格の安さだけではなく長期的に利用することも考えましょう。急なトラブルでもすぐに対応できる準備も必要です。

リース料金

リース料金の相場は各リース会社にお問合せください。

沖データのコピー機・複合機の特長は?

沖データのコピー機・複合機は、シンプルな造りと充実したサポートが特徴です。他社の製品と比べると構造がシンプルなため、故障が起こりにくくメンテナンスのコストを安く抑えられます。万が一紙詰まりが発生した場合でも、わかりやすいクラウドガイダンスを参考にすれば簡単にユーザー自身でメンテナンスが可能。クラウドガイダンスは、装置のエラーが発生した時に専用のWEB・アプリで対処方法確認できるサービスです。沖データのコールセンターが稼働していない時間帯にトラブルが起きても、クラウドガイダンスを見れば自分で対処できます。

大きな故障をしてしまった場合、5年間の保証期間内であれば無料で修理が可能。トータルコストを削除できるので、長期的に利用を考えている人にピッタリです。

高性能の複合機により、コピーや印刷の時間を短縮できる沖データ。短時間でたくさん印刷できるので、会議の資料を大量に作る際に役立ちます。独自のLEDプリントヘッドを用いて高画質でプリントすることが可能です。無線LANを装備しているため、面倒な配線や配置に関する問題も解消できますよ。

沖データのMC843シリーズでは、ファックスの機能を取り除くことができ、プリント・スキャン・コピーの3つだけの機能に絞れる複合機も取り扱っています。7インチの大きいタッチパネルを搭載した使い勝手の良さも◎。「ファックスは使う予定がないな」という人におすすめです。

【免責事項】
オフィスで使用するコピー機・複合機のリースについて、役立つ情報を個人的にまとめたサイトです。当サイトに掲載している情報は、2016年2月現在のデータなので、問い合わせの際には、各リース業者の公式サイトで、必ず最新情報をご確認ください。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社3選
システム販売株式会社
システム販売株式会社のHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

事務機器ねっと
事務機器ねっとのHPキャプチャ
おすすめPOINT
取り扱いメーカーは全7社。複合機とコピー機の取り扱いで24年の実績あり。リースと販売の選択も最適な提案をしてくれます。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者

サイトマップ

ページの先頭へ