複合機・コピー機リースの専門サイト比較 HOME » 主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド » 東芝

東芝

東芝製の複合機・コピー機をリースで扱っているおすすめサイトをピックアップ。取り扱い製品情報もまとめています。

東芝の複合機・コピー機リースでおすすめなサイトは?

東芝の複合機・コピー機をリースしている会社には、システム販売株式会社と格安コピー機ドットコムがあります。

システム販売株式会社の取り扱い機種例

  • e-STUDIO4555C

カラー・モノクロともに毎分45/45枚の高速印刷で、大量印刷でもストレスフリーの複合機・コピー機です。

従来の東芝製機器と比べ約25%ほどコンパクトなサイズでありながら、コピー・プリント・スキャナ・FAXといった必要機能はすべて搭載されています。

カラータッチパネルの操作画面は大きく、見やすい角度に調整できるチルト角度パネルを採用。

また、低温融解トナーやLEDエンジンなどを採用することで節電にも優れ、従来商品と比べ約50%も低減。ランニングコストの削減にもつながります。

  • e-STUDIO2050C

カラー・モノクロともに毎分20枚。スキャンスピードは最大毎分50枚。高機能を保ちながら世界最小クラスのサイズを実現した複合機・コピー機です。

フルカラー印刷のほか、2色プリント、2色コピー/単色カラーなども選べ、モノクロより訴求力のある紙面が低コストで作成できます。

また、セキュリティ面も強化。例えば、他の複合機・コピー機にこの機種のHDDを装着して不正に読み出そうとすると、データを無効にして読み取れなくする「セキュリティHDD」を搭載。機密情報の多い現代のオフィスに適した機器です。

【サポート】
複合機・コピー機の故障やトラブルへの対応はもちろん、PCや無線LANなどIT関連トラブルからオフィスレイアウトまで、オフィスに関するあらゆる悩みに対応してくれます。
自社メンテナンスなので、対応もスピーディー。都心であれば、即日急行し対処してくれ、万一のときでも安心です。

格安コピー機ドットコムの取り扱い機種例

  • e-STUDIO2540C

カラー・モノクロともに毎分25枚。e-STUDIO2540Cは、PCや各種端末との「つながりやすさ」と、セキュリティ対応や効率的な運用管理を実現する「管理のしやすさ」に注力した複合機・コピー機です。

「つながりやすさ」の点では、PC・各種端末のほか、外部システムやアプリケーションソフトウェアとも幅広く連携。その一方で問題となるセキュリティ面においては「セキュリティHDD」を搭載するなど、運用管理者の低減をはかっています。

  • TF-182

カラー・モノクロともに毎分18枚。コピー・プリント・スキャナ・FAXを標準搭載した複合機・コピー機です。

システム拡張がフレキシブルで、ネットワークとの接続などニーズに合わせて手軽に行えます。

また、FAX機能が充実している点もこの機種の特徴。PCで作成した文書を高速で送信したり、受信FAXをPCに高速転送したりといった転送機能は、通信費の削減とペーパーレス化に貢献します。

【サポート】
メンテナンスは、メーカーメンテナンスを採用。最寄りの東芝の営業所より、専門スタッフが駆けつけ、万一のトラブルや定期メンテナンスなどに対応してくれます。

東芝のコピー機・複合機の費用相場は?

購入価格

東芝の複合機の新品価格相場は1,400,000~1,830,000円です。予算にゆとりがあるなら購入でもよいでしょう。しかし、購入時は新しくても次々に性能が高い新製品が出てくるので、性能が劣ってしまうということも。また、コスト的に見ても初期費用に金額を掛け過ぎてしまうと、後々の維持費を圧迫しかねません。初期費用を抑えて維持費も手頃なリースやレンタルでのコピー機・複合機の導入がおすすめです。

中古価格

中古の複合機の相場は、安い機器で700,000円、高い機器で2,300,000円でした。東芝の複合機は中古でも少し高めと言えますね。製品の状態が良い中古品であれば購入も良いでしょうが、少なからず使用されているのでパーツが消耗していると言えます。パーツの消耗は故障の原因にもなり、部品の生産が終了して修理ができないことも。中古のコピー機・複合機を導入するなら、予算と相談して初期費用・維持費用について考えてから導入を決めたほうがよいと言えます。

リース料金

リース会社によって金額は異なりますが、東芝の複合機は月々12,000~23,000円でリースすることが可能です。初期費用をかけずに新型のコピー機・複合機を導入できるのがうれしいところ。さらに、減価償却や税金の申告などの手続きをリース会社が行ってくれるので、事務作業の煩わしさがありません。しかし、リースは基本的に5~6年の契約が多く、途中で解約ができないのがネック。契約を結ぶ際は、オフィスの状況に合わせたコピー機・複合機を提案してくれるリース会社を選びましょう。

東芝のコピー機・複合機の特長は?

e-STUDIOシリーズというブランドの複合機・コピー機を展開する東芝。製品の特徴は、用紙を繰り返し再利用できる「Loopsペーパーリユースシステム」という技術を採用していることです。印刷した用紙を消色装置にセットすると、再び白紙の用紙に戻してくれるというシステムで、ペーパーレスによるコストの大幅カットを実現してくれます。

操作性の高い大型のディスプレイを採用しており、指1本で機能を選択可能。スマホを操るように画面をタップ&スワイプすることができ、画面に表示されたデータを指で拡大・収縮ができるため、コピーしたい資料をその場で確認できます。パソコンがある場所まで戻らずにコピーできるというメリットもありますよ。

スキャン機能も優れており、一度に300枚までのA4サイズの紙文書を両面同時にスキャンできます。1枚ずつセットしなおさずに済むので、時間短縮につながるのがうれしいところ。さらに、頻繁に使用する操作のみを集めたシンプル画面機能があり、簡単にコピーすることができます。コピー機に慣れていない人にもやさしい機器です。

e-STUDIOシリーズはデザイン性にも優れており、漆黒のボディに大型ディスプレイの青い画面が生えるスタイリッシュな複合機です。コピー機・複合機のスリム化は、いずれのメーカーも取り組んでいますが、東芝では世界最小クラスの機器開発に注力している点も特徴。限られたスペースにコンパクトに収まるコピー機・複合機のおかげで、オフィス内の空間を有効に活用することができます。

経営不振を乗り越えていけ!これからの東芝に期待

原子力事業での損失発生や不適切な会計問題に揺れる東芝ですが、現在は新たに事業体制が見なおされ、東芝グループの再生に取り組んでいます。

2017年7月1日には4つの社内カンパニーを分社化して、それぞれの部門が独立した会社になりました。分社化することで各会社の事業価値をアップ。東芝を支持してくれる顧客のために直接的な説明責任を果たし、東芝の事業を継続させるために体勢の最適化を確立して、再建の見直しが図られています。グループ同士の連携を強めて、事業の発展・回復を目指しているのです。

東芝の未来設計によると、創立以来築きあげてきた技術力とノウハウを活かして産業システム・公共インフラ・施設・鉄道・ビルなどの各事業で安定した成長を目指すとのこと。社会インフラ事業を核にして、社会に貢献すると宣言しています。

2018年には分社した4社の収益基盤を固めて、社会インフラを中心に設備への投資をしていくそう。基盤を固めた後は2019年に売上高4兆円越え・売上高利益率5%を達成すると語っており、事業回復を実現するために力を尽くしていきたいと考えているようです。

不祥事に揺れ、事業で手痛い損失を出してしまった東芝ですが、東芝の技術力と製品に対する思いは強いと言えます。「印刷をした紙を再び使用できる」「誰でも操作できるようにシンプルな画面設定ができる」「環境のためにエコマークを取得した」などは評価できるのではないでしょうか?

東芝のコピー機・複合機は、使用してくれる人の気持ちを考えて作られた製品と言えます。経営の見直しがされたことで、さらに使い勝手の良い製品も出てくることでしょう。新たな東芝の活躍に期待が持てますね。

【免責事項】
オフィスで使用するコピー機・複合機のリースについて、役立つ情報を個人的にまとめたサイトです。当サイトに掲載している情報は、2016年2月現在のデータなので、問い合わせの際には、各リース業者の公式サイトで、必ず最新情報をご確認ください。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社3選
システム販売株式会社
システム販売株式会社のHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

事務機器ねっと
事務機器ねっとのHPキャプチャ
おすすめPOINT
取り扱いメーカーは全7社。複合機とコピー機の取り扱いで24年の実績あり。リースと販売の選択も最適な提案をしてくれます。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者

サイトマップ

ページの先頭へ