複合機・コピー機のリースでおすすめな会社厳選サイト » 複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ » コピー機や複合機のリースを途中解約するのは大変?注意したいポイントとは?

公開日: |更新日:

コピー機や複合機のリースを途中解約するのは大変?注意したいポイントとは?

複合機やコピー機のリース契約は、初期費用を抑えられる点がメリットです。複数台にわたって新品にすると費用がかかり、その分、会社の運用資金に影響します。イニシャルコストを大幅に抑えられるリースは有効な方法ですが、問題は中途解約できるのか?という点です。

このページでは、コピー機や複合機リースを途中解約するときに注意したいポイントをまとめています。

複合機やコピー機のリースを解約する場面とは?

解約が必要になる場面はいくつかあります。

  • 他メーカーの魅力的なサービスやコピー機・複合機を見つけた
  • 不具合が多く使いづらくて業務に支障をきたしている
  • オフィスの統合や閉鎖、他エリアへの移転など

リース契約は一般的に5年~6年程度の期間で結びます。顧客側の立場からすれば、諸事情を配慮してほしいところですが、契約の効力は強いので、そう簡単にはいきません。

コピー機や複合機のリース契約を途中解約できないのはどうして?

リース会社が製品を購入してリースしているから

リースはリース会社が購入した製品を貸してもらう契約で、その形態はいくつかに分かれています。代表的なのは次のパターンです。

  • ファイナンシャルリース:契約満了後の所有権について、あらかじめ決めてから締結するリース契約のこと
  • オペレーティングリース:リース契約満了後の機器を再リースする契約のこと
  • リースバック:会社資産をリース会社に売却(現金化)したのち、同等価値のリースを受けること
  • 購入選択権付リース:リース期間満了時に当該機器の所有権を決められるリース契約のこと

契約期間の定めがある以外にも、所有権の取り決めがされている場合があり、即解約とはいかないケースがあるのです。

契約期間を見こしたリース料を設定している

購入費用を全額回収できていない状況で、顧客の都合で途中解約ができたら、購入費用を回収できないケースも出てきます。そのため、リース契約はレンタルと違い途中解約ができないというルールを設けているのです。

リース会計基準という厳しいルールがある

リース取引には、リース会計基準という厳しいルールが細かい項目で定められてます。リース会計基準では、途中解約はできないこと=フルペイアウトだと、条件に定められています。

フルペイアウトとは?

リース会計基準では、リース期間内に支払うリース料の合計金額は、コピー機や複合機の購入金額の90%以上と定められています。

契約を結んだら、最低でも購入金額90%以上を支払うまで契約を継続しなければならないと決められているため、途中解約だと一括清算や違約金といった問題が発生するのです。

参照元:国税庁公式HP/No.5702 リース取引についての取扱いの概要(平成20年4月1日以後契約分)

コピー機や複合機リースの途中解約方法について

コピー機や複合機のリースの途中解約は、絶対できないわけでもありません。一定条件を満たせば、途中でも解約できます。

残債を一括精算して支払う

リース会計基準「購入金額90%以上を支払わないと契約を継続しなければならない」に従って、残債を一括精算すれば解決します。

契約書にも記載されますが、途中解約の場合残債以外に手数料の支払いが求められます。リース会社が提示した契約により内容は異なるので、契約書の解約事項を確認しましょう。

不均等支払い方法を利用する

経営状況に応じてリース料金を変更する「不均等支払い」というリース契約があります。もし不均等支払いでリースと受けているなら、財政的に余裕があるときに多めにリース料金を払い、購入金額の90%以上を満たすことが可能。リース会社と揉めることなく中途解約ができる方法です。

違約金を支払う

残債とは別に、違約金を支払うことで契約を終了できるケースがあります。ただ、違約金とは別にコピー機や複合機の残債も支払わなければならないため、金銭的な負担は大きくなります。

この点は、リース会社の方針や契約内容で違うため注意が必要です。また、途中解約手数料という、実質的な違約金のケースもあります。途中解約に関しては、契約を結ぶ前にリース会社にしっかり確認すべき事項です。違約金や途中解約手数料が発生するなら、幾らか事前に知っておけば慌てずに対応できますし、事前準備もしやすいと言えます。

同じリース会社で入れ替えるなら違約金が発生しないケースがある

リース契約自体を解約するとしても、同じリース会社から別の機器リース契約を結ぶなら、違約金が発生しない場合があります。ただしリース会社の判断によるものなので、事前に担当者への確認してください。

入れ替えのための解約なら、よほど他社サービスが魅力的でなければ、同じ会社と契約を結んだほうがいいでしょう。

また、コピー機や複合機の残債が消えるわけではありません。同じリース会社なら、残債を契約料金に上乗せするほか、多少減額してくれる可能性もゼロではないため、交渉するのをおすすめします。

コピー機等リースは期間を見こした契約締結が理想的

リース契約は一方的な途中解約はできません。リース会計基準というルールが設けられているので、解約にあたっては交渉が必要です。できるだけ経営方針に基づいたリース契約を締結するのが理想的。やむを得ない事情により途中で解約したいなら、契約書に違約金や残債の取り扱いについて確認し、適切に対応しましょう。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社5選
syshan株式会社
syshanのHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

コピー機比較ドットコム
コピー機比較ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
豊富な種類の機種を取扱っており、24時間受け付けで、全国どこでも対応。

公式サイトはこちら

格安コピー機ドットコム
格安コピー機ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
沖縄から北海道まで全国各地での対応が可能。業種や業態に合ったプランを選ぶこともできることも、強み。

公式サイトはこちら

ジャストリンク
ジャストリンクのHPキャプチャ
おすすめPOINT
コピー機のリースをはじめ、ファイルサーバー、ホームページ制作まで、ビジネスに関する多様なサービスを提供。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社5選
syshan株式会社
syshanのHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

コピー機比較ドットコム
コピー機比較ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
豊富な種類の機種を取扱っており、24時間受け付けで、全国どこでも対応。

公式サイトはこちら

格安コピー機ドットコム
格安コピー機ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
沖縄から北海道まで全国各地での対応が可能。業種や業態に合ったプランを選ぶこともできることも、強み。

公式サイトはこちら

ジャストリンク
ジャストリンクのHPキャプチャ
おすすめPOINT
コピー機のリースをはじめ、ファイルサーバー、ホームページ制作まで、ビジネスに関する多様なサービスを提供。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者
番外編!コピー機・複合機をレンタルできる会社

サイトマップ

ページの先頭へ