複合機・コピー機のリースでおすすめな会社厳選サイト » 複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ » コピー機のリースに潜むからくりを見破るためのポイント

公開日: |更新日:

コピー機のリースに潜むからくりを見破るためのポイント

コピー機のリースは費用対効果が見込めますが、時にはプラスにならないリース契約を勧められることもあるかもしれません。営業マンから「お得だから」としきりに勧められたものの、そこまで金額に差がない場合、ちょっとしたからくりが潜んでいる可能性も。コストパフォーマンスが悪くなるのを防ぐよう、ここではコピー機リースの際に潜んでいるからくりについてご紹介します

コピー機のリースにからくりを潜ませるケース

コピー機は会社の業務に必要不可欠な備品です。電子化が進んでいるとはいえ、まだまだ紙ベースでなければできないことや、クライアント側から紙を要求されることも多々あるもの。そのため、オフィスのコピー機需要はまだまだ高い状況です。その旨をリース会社も把握しているからこそ、時にからくりを潜ませるケースがあります。

リースの残債を新しいコピー機のリースに上乗せする

すでにコピー機をリースしているものの、営業さんから「新しいコピー機にしないか」と提案されるケースがあります。コピー機も進化しているため、リース期間が長くなるぶん、最新機種と比較したとき機能的な面での見劣りが顕著になるかもしれません。使用頻度が高いほど故障する可能性も高まります。

その状況で営業マンから新しいコピー機を提案されると気持ちが揺らぐのも無理もありません。しかし、リース契約途中でリース契約を変更する場合、残っているリース契約を一括で支払う必要があります。新しいコピー機リースのためにそれまでのリース代金を一括で支払うのは、中小企業にとってとりわけ大きな負担なので現実的に難しいものです。

そこで、新コピー機のリース代に、これまでのコピー機のリース代の残債を上乗せするのですが、実はこの手法にはとあるからくりが潜んでいます。

そもそも、リース代の残額を1円単位で把握している企業は現実的に少ないものです。つまり、残金を正確に把握できていません。そこで営業マンから新コピー機のリース代を上乗せされた金額を提示されたとしても、細かい内訳が分からないケースも考えられます。

利用者が「把握しづらい」点を上手くつき、前のコピー機の残債と新コピー機を合算した料金に、さらにリース料率を加算する業者もいます。営業マンから「前のコピー機リース代の残債も含んでいる」と伝えられると、多少高くても納得してしまいがちです。本来であれば支払う必要がないお金も出してしまう可能性があるため、その点気を付けなくてはなりません。

リース期間を長く設定することで安さをアピールする

コピー機のリースを検討、もしくは利用中である人の要望の一つが「月額料金を抑えたい」とのニーズです。その点をリース業者は踏まえたうえで、月額料金を安く提示する一方、リース期間を長めに設定したプランを勧めてくる場合もあります。

いくら月額料金が安くとも、リース期間が長ければ支払い総額は高くなるもの。一見お得な月額料金を提示しつつ、支払い総額を見るとさほどプラスにならないからくりも多々見受けられます。「月額費用を安くしたいけれど、長期間のリースを考えていない」という方にはマッチしていない契約です。

カウンター料金が知らない間に上乗せされている

新品のコピー機を導入した際、カウンター保守契約の料金が気付かないうちに高くなっていたり、あるいは上乗せされるなど不当に料金を請求されるケースもあります。この場合、リース料金そのものは変えていないことがほとんどです。営業側は「嘘をついてはいない」と主張できる悪質なからくりの一つです。

「リース契約をすると家電製品が無料である」旨をを持ちかける

新しいコピー機をと提案してくる営業マンは珍しくありませんが、そこで「新しい家電製品を無料でサービスします」と持ちかける業者もいます。無料という言葉を巧みに使い、リース料金の中にその家電の料金を上乗せする場合があります。リース料金の計算方法はとても複雑なぶん、それをうまい具合に利用した方法です。

コピー機のリース契約に潜むからくりを見破る方法

コピー機のリース契約には、先にお伝えしたようにからくりが潜んでいるケースがあります。からくりは巧妙なかたちで潜んでおり、コピー機をリースする側にとって損失が生じるケースも。後悔しないよう、リース契約の裏に潜むからくりを見破る方法も覚えておきましょう。

見積もりの細かい数字までチェック・計算する

相手の営業マンから出された見積りの数字をチェックするのはもちろん、細かい部分まで計算することが大切です。見積もりを流し見で済ませないようにしましょう。「利用者は細かく見積もりを見ない」との打算があるからこそ、からくりを仕掛けるのです。見積もりの内容はもとより、数字の把握や計算を行いつつ、トータルで確認しましょう。

分からない部分があれば質問するなど焦って契約しない

見積もりを見て不可解だったり分からない部分がある場合には営業マンに質問してみましょう。その際、返事の有無・内容によって信頼できるのか判断できます。腑に落ちないことがあれば納得できるまで質問するのが得策です。こちらが迷っているにも関わらず、その場で即答を求めてくるような業者は避けてください。

また、契約書によっては、あえて大事な情報をとても小さな文字で記載しているケースもあります。おかしなからくりが潜んでいれば説明に矛盾や齟齬が生じますので、からくりを見破れます。

リース会社の評判チェックや合い見積もりをする

リース会社の評判をチェックすると、真摯な営業をする業者なのか、あるいはからくりを仕掛け、隙あらば顧客を騙そうとしている業者か見極めやすくなります。他業者の料金比較がしやすいよう、合い見積もりをとるのがおすすめです。

コピー機のリースのからくりを覚えておこう

コピー機のリースに関しては、真っ当に営業している業者もあれば、からくりを仕掛け、隙あらば顧客から不当に利益を得ようと考える業者もいます。からくりの手法や見破る方法を覚えておくことで不当な契約から身を守ることができます。契約後すぐに解約はできないぶん、契約前の段階でチェックし、からくりを見破りましょう。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社5選
syshan株式会社
syshanのHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

コピー機比較ドットコム
コピー機比較ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
豊富な種類の機種を取扱っており、24時間受け付けで、全国どこでも対応。

公式サイトはこちら

格安コピー機ドットコム
格安コピー機ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
沖縄から北海道まで全国各地での対応が可能。業種や業態に合ったプランを選ぶこともできることも、強み。

公式サイトはこちら

ジャストリンク
ジャストリンクのHPキャプチャ
おすすめPOINT
コピー機のリースをはじめ、ファイルサーバー、ホームページ制作まで、ビジネスに関する多様なサービスを提供。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社5選
syshan株式会社
syshanのHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

コピー機比較ドットコム
コピー機比較ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
豊富な種類の機種を取扱っており、24時間受け付けで、全国どこでも対応。

公式サイトはこちら

格安コピー機ドットコム
格安コピー機ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
沖縄から北海道まで全国各地での対応が可能。業種や業態に合ったプランを選ぶこともできることも、強み。

公式サイトはこちら

ジャストリンク
ジャストリンクのHPキャプチャ
おすすめPOINT
コピー機のリースをはじめ、ファイルサーバー、ホームページ制作まで、ビジネスに関する多様なサービスを提供。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者
番外編!コピー機・複合機をレンタルできる会社

サイトマップ

ページの先頭へ