複合機・コピー機のリースでおすすめな会社厳選サイト » 複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ » コピー機をリースした場合のインク代はどこが負担するの?

公開日: |更新日:

コピー機をリースした場合のインク代はどこが負担するの?

コピー機をリースした際、気になるのがインク代です。コピー機を使用する頻度が高いほどインクを補充しなければなりません。その際の費用の負担先によって、コピー機のリース「総額」は大きく異なります。そこで今回は、コピー機をリースした際のインク代(トナー代)についてさまざまな角度から掘り下げます。

コピー機のリースではインク代を支払う必要がない場合が多い

結論から言えば、多くのコピー機のリースではインク代を支払う必要がありません。コピー機をリースした際、リース料金とカウンター保守料金の二つの料金を支払います。コピー機の使用頻度が高いほどインクは消耗しますが、インク代はカウンター保守契約に含まれています。

そもそもリース料金とは「コピー機本体を借りるための料金」です。一方、カウンター保守契約に関しては本体以外の費用だと考えると分かりやすいかもしれません。

カウンター保守契約とは?

カウンター保守契約とは、コピー機本体の料金であるリース代とは別に結ばれる契約で、条件はリース会社によって異なります。インク代はもとより、部品交換や故障した際の対応などもカウンター保守契約に含まれているのが一般的です。

また、コピーの印刷部数によって料金が変動するのも特徴の一つ。1枚〇〇円と定める会社もあれば、特定枚数までは〇円といったように、さまざまな条件が設定されています。

ちなみに、コピー機に用意されているカウンターにて印刷枚数を数えることから、カウンター保守契約と呼ばれており、カウンター料金と表現される場合もあります。

カウンター保守契約以外にも契約がある

コピー機のリース代は基本的にはリース代+カウンター保守契約の費用ですが、カウンター保守契約とは異なる契約を用意しているリース会社もあります。ここでは契約の種類をご紹介します。

コピーキット保守契約

こちらはコピーキットと呼ばれる商品を購入することが条件の契約です。契約プランには保守費用が含まれています。現像剤の使用料や感光体、修理者の派遣といった費用もすべて含まれているのが特徴です。

契約の有効期限に関しては「キットのインクがきれたとき」もしくは「キット購入から数えて一定期間が過ぎた頃」のうち、早く訪れたほうが期限にあたります。

トナーがなくなる、あるいは契約満了になったときに再度コピーキットを購入すれば、引き続き利用可能です。キット機に限定されたサービスのため、さほど馴染みのない契約かもしれませんが、リースを利用する際には把握しておくべき契約の一つです。

年間保守契約

保守料金を年間で一括払いする年間契約です。この契約形式ではトナーを別途購入する形になりますので、業務中コピー機の活用が少ない会社であれば、費用対効果の高い契約になるでしょう。ただし、印刷頻度が多い場合だとインク代が負担になる可能性があります。

月額定額プラン

昨今、さまざまなサービスにおいて定額制、いわゆる「サブスク」と呼ばれるサービスが登場しています。コピー機においても定額で印刷し放題のプランが登場。ただし印刷に関してはある程度上限が定められています。

料金内で印刷できる枚数があらかじめ決められているため、枚数の上限を超えた場合は、別途超過料金を支払う仕組みです。自社のコピー機の印刷頻度と合致するプランがある場合にはお得に利用できる可能性があります。

コピー機リースはインク代を含めてすべてを確認しておこう

コピー機をリースする場合、インク代はもちろんですが、契約事項に関しては細かい部分までチェックすることが大切です。一度契約するとプランの変更はできません。自社のコピー機の使用頻度に合わせ、費用対効果の高い契約を結ぶことが重要です。ここでは、リース代の費用対効果を高めるために確認すべきポイントをご紹介します。

自社のコピー機の使用状況

自社のコピー機活用頻度をあらかじめ把握しておきましょう。コピー機の利用頻度を知ることで、印刷枚数をはじめ、インクの消費量をある程度算出できます。契約プランを選ぶ際、日頃の印刷枚数によって費用対効果は大きく異なります。コストパフォーマンスを左右する一つが、コピー機の使用頻度にあたるため、1ヶ月の平均印刷枚数・インク代・契約プラン内で印刷がおさまるか確認しましょう。

リース会社を比較してみる

インク代を含めコピー機のリース料金は会社によって異なります。1枚当たりの料金はもとより、提供するプランもリース会社によって変わるため、各会社の料金を比較してみましょう。合見積もりをとって料金を確認することが大切です。

リース会社の対応力もチェックする

リーズナブルな価格で契約プランを提供するリース会社でも、対応が悪い場合があります。また、何かしらコピー機に不具合が発生した際、コピー機が利用できなければ意味がありません。料金と同様、リース会社の対応力もチェックしておきましょう。

保守の内容をはじめ、当日対応ができるかも確認してください。対応スピードを重視している会社であれば、コピー機の利用頻度が高い会社でもスムーズに業務が進められます。自社の立地が対応エリア内か・規模の大きさを調べるのも重要なポイントです。

また、実際に利用した口コミや評判を確認するのも一つの手です。「すぐにインク交換してくれるのか」「コピー機が不調の際、迅速に対応してくれるか」も踏まえたうえでチェックしましょう。

コピー機のリースはインク代を含めてトータルで考える

コピー機をリースをした際のインク代はそれぞれ異なります。そのため、自社にマッチする契約を事前にリサーチしたうえで選びましょう。また、インク代を含めた費用はもちろん、リース会社の対応力の高さも肝となります。もし見積もりの内容で不安な点がある場合、そこは避けたほうが賢明です。こちらの希望を汲み取りつつ、それに適した契約プランを提供するリース会社を選びましょう。

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社5選
syshan株式会社
syshanのHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

コピー機比較ドットコム
コピー機比較ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
豊富な種類の機種を取扱っており、24時間受け付けで、全国どこでも対応。

公式サイトはこちら

格安コピー機ドットコム
格安コピー機ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
沖縄から北海道まで全国各地での対応が可能。業種や業態に合ったプランを選ぶこともできることも、強み。

公式サイトはこちら

ジャストリンク
ジャストリンクのHPキャプチャ
おすすめPOINT
コピー機のリースをはじめ、ファイルサーバー、ホームページ制作まで、ビジネスに関する多様なサービスを提供。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機リースで
おすすめの会社5選
syshan株式会社
syshanのHPキャプチャ
おすすめPOINT
予算や設置場所など、顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。他社と比べてコスト面でも安く、対応も迅速と評判!

公式サイトはこちら

OAランド
OAランドのHPキャプチャ
おすすめPOINT
都内を中心に全国10店舗展開。東京23区限定で、保守料金が無料になる保守パックなど、独自のお得なプランもあり!

公式サイトはこちら

コピー機比較ドットコム
コピー機比較ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
豊富な種類の機種を取扱っており、24時間受け付けで、全国どこでも対応。

公式サイトはこちら

格安コピー機ドットコム
格安コピー機ドットコムのHPキャプチャ
おすすめPOINT
沖縄から北海道まで全国各地での対応が可能。業種や業態に合ったプランを選ぶこともできることも、強み。

公式サイトはこちら

ジャストリンク
ジャストリンクのHPキャプチャ
おすすめPOINT
コピー機のリースをはじめ、ファイルサーバー、ホームページ制作まで、ビジネスに関する多様なサービスを提供。

公式サイトはこちら

複合機・コピー機のリース会社を正しく選ぶ3ヵ条
複合機・コピー機のリース会社おすすめ一覧
主要メーカーの複合機・コピー機リース会社ガイド
複合機・コピー機リースの基礎知識まとめ
全国主要都市・複合機・コピー機リースのオススメ業者
番外編!コピー機・複合機をレンタルできる会社

サイトマップ

ページの先頭へ